金沢大学 GRAfiNiti
menu

教育方針Policy

ディプロマ・ポリシー
(学位授与方針)

修士課程では,教育理念に掲げる4 つのフォースを基礎とした“科学を融合する方法論”を探求・実践した上で,下記の「学修成果」に掲げる5 つの能力・資質(コンピテンス)を修得するとともに,所定の期間在学し,かつ所定の単位を修得した上で,修士論文の審査及び最終試験,若しくは特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験に合格した学生,又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に「修士(融合科学)」の学位を授与する。

  • 1.科学技術イノベーションに連関する社会課題の解決に貢献できる能力
  • 2.自分の専門分野に関する知識と実践力
  • 3.他分野に対して積極的に関与する意欲と能力
  • 4.外国語の学術論文を読みこなし,自分の研究を外国語で簡単に説明できる能力
  • 5.科学・技術・生命に対する研究者倫理観

博士後期課程では,教育理念に掲げる4つのフォースを基礎とした“科学を融合する方法論”を探求・実践した上で,所定の期間在学し,かつ所定の単位を修得した上で,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生のうち,下記の「学修成果」に掲げる1)~5)の能力・資質(コンピテンス)を修得し,かつ6)を修得した学生に対しては「博士(融合科学)」の学位を授与する。一方,1)~5)を修得し,かつ7)を修得した学生に対しては,その分野によって「博士(理学)」又は「博士(工学)」の学位を授与する。

  • 1.科学技術イノベーションに連関する社会課題を自ら発見し,かつ構造化した上で課題解決できる能力
  • 2.自分の専門分野に関する最先端の知識と実践力
  • 3.他分野の知見,技術を自分の専門分野に活用できる能力
  • 4.国際会議や海外共同研究において,外国語で研究成果を発表し議論できる能力
  • 5.科学・技術・生命に対する実践的な研究者倫理観
  • 6.自分の専門分野と他分野とを融合し,新たな知を創出できる能力
  • 7.自分の専門分野を核とし,新たな知を創出できる能力

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成方針)

本共同専攻では,教育理念に掲げる3つのチャレンジの枠組みの下で,ディプロマ・ポリシーに掲げる学修成果に到達するため,“課題解決志向型”の教育内容・手法を重視し,学生が教育プログラムの履修を通して身に付けるべき要素を踏まえた体系的なカリキュラム(教育課程)を編成する。具体的には以下の科目群を体系的に構成・配置するカリキュラム(教育課程)を編成する。

博士前期課程

  • 1.自分の専門分野に関する基礎的な知見を修得・活用させるための体系的な専門科目と研究支援科目
  • 2.分野融合セミナー・グループワークや異なる分野における研究などの異分野融合を主とした異分野「超」体験科目
  • 3.社会のニーズを踏まえた実践的教育を行うための社会実装科目
  • 4.イノベーションの創出に関する基盤的知識や態度を涵養する専攻共通の基幹教育科目なお,本共同専攻は区分制大学院であるが,博士後期課程までの5 年間を通した体系的な教育プログラムを編成することを予定している。

博士後期課程

  • 1.自分の専門分野に関する知見を深化させるための体系的な専門科目と研究支援科目
  • 2.分野融合セミナー・グループワークや異なる分野における研究等の異分野融合を主とした異分野「超」体験科目
  • 3.社会のニーズを踏まえた実践的教育を行うための社会実装科目
  • 4.海外インターンシップや海外研究留学等の国際性を涵養する科目

アドミッション・ポリシー
(入学者受入方針)

博士前期課程では,学士課程等で修得してきた分野の基盤的専門知識のほか,専門が異なる分野にも関心を持って他者との協奏的活動に取り組み,複雑で困難な問題を分野融合の力で解決し,社会の発展のための新しい価値を積極的に創造しようとする強い意欲を持つ者を受け入れる。
なお,本共同専攻は区分制大学院であるが,博士後期課程までの5 年一貫型教育プログラムの履修希望者も積極的に受け入れるものとする。

博士後期課程では,修士又は博士前期課程等で修得してきた分野の専門知識のほか,専門が異なる分野にも多角的・論理的思考力を持って他者との協奏的活動に取り組み,グローバルに活躍しようとする姿勢を備え,複雑で困難な問題を分野融合の力で発見及び解決し,社会の発展のための新しい高度な価値を積極的に創造しようとする強い意欲を持つ者を受け入れる。