金沢大学 GRAfiNiti
menu

教育方針Policy

ディプロマ・ポリシー
(学位授与方針)

博士前期課程では,ナノ生命科学領域の授業や様々な研究活動を通じて,次に掲げる能力を修得させるとともに,所定の期間在学し,かつ所定の単位を修得した上で,博士論文研究基礎力審査に合格した学生又は,修士論文又は課題研究の審査及び最終試験に合格した学生に「修士(ナノ科学)」の学位を授与する。

  • 1.ナノ生命科学に関する全方位的な研究を行うための基礎力
  • 2.自身の研究分野と他分野を融合させた研究計画を立案する能力
  • 3.未踏の学際領域や新たな分野に積極的に関与する意欲と能力
  • 4.基盤的な研究分野に係るプレゼンテーション力・コミュニケーション力・文書作成能力

博士後期課程では,ナノ生命科学領域の授業や様々な研究活動を通じて,次に掲げる能力を修得させるとともに,所定の期間在学し,かつ所定の単位を修得した上で,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に「博士(ナノ科学)」の学位を授与する。

  • 1.ナノ生命科学に関して自身の探求心・興味・関心に基づき全方位的に研究を実施できる能力
  • 2.自身の研究分野と他分野を融合させ研究を完遂する能力
  • 3.未踏の学際領域や新たな分野を開拓する能力
  • 4.最先鋭の研究に係るプレゼンテーション力・多言語コミュニケーション力・論文作成能力

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成方針)

本専攻では,学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる学修成果に到達するため,ナノ生命科学領域に関するカリキュラム(教育課程)を編成する。具体的には,博士前期課程及び博士後期課程のそれぞれで,以下のように科目を体系的に編成する。

【博士前期課程】

  • 1.研究者として未踏領域に挑戦する意欲を育み,科学に対する視野を広げるための基幹教育科目を設ける。
  • 2.分野融合を重視したナノ生命科学領域を学ぶに当たり必要な基礎的知識を基礎及び専門の2つのレベルに区分して,自らの研究分野以外の領域を含め,体系的に学ぶナノ生命科学基盤科目を設ける。
  • 3.研究していく上で必要となる基礎的な技能を身に付けるためのスキル科目を設ける。
  • 4.分野融合研究や学内外での多様な研究に参画し,他者とコミュニケートしながら科学に向き合う姿勢を身に付けるためのプロジェクト科目を設ける。
  • 5.自身の研究分野に関する課題を発見し,プレゼンテーション力,文書作成能力を涵養する研究推進科目を設ける。

【博士後期課程】

  • 1.ナノ生命科学研究者として全方位的な研究を行うために必要な視点を強固にするための基幹展開科目を設ける。
  • 2.新たな領域の研究に挑戦するために必要な最新の知見等を学ぶ深淵レベルのナノ生命科学革新科目を設ける。
  • 3.最先端の研究者として必須となる実践的な研究技能を身に付けるための高度スキル科目を設ける。
  • 4.分野融合研究や学内外での先鋭的な研究に参画し,国内外の研究者とコミュニケートしながら,真理を探究する姿勢を身に付け,研究者としての実践を積むための高度プロジェクト科目を設ける。
  • 5.自身の研究分野に関する課題を解決し,研究完遂能力・プレゼンテーション力を涵養する高度研究推進科目を設ける。

なお,本専攻は区分制大学院であるが,博士後期課程までの5年間を通した体系的な教育プログラムを編成する。
また,博士後期課程から入学する場合でも,後述する「基幹展開科目」を履修することにより,ナノ生命科学を研究するに当たり必要な基礎的知識を修得することができる。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入方針)

博士前期課程では,学士課程等で修得してきた分野の基盤的専門知識のほか,基本的な英語運用能力を備え,研究者として求められる資質や探求心,直観力及び基本的倫理観を有する者を受け入れる。

博士後期課程では,修士又は博士前期課程等で修得してきた分野の専門知識のほか,研究者として自立するために必要な高度な英語運用能力を備え,卓越した研究者として求められる資質や探求力,直観力及び規範的倫理観を有する者を受け入れる。
なお,本専攻は区分制大学院であるが,博士後期課程までの5年間を通した体系的な教育プログラムを編成する。